ソフロロジー分娩法

 平成7年10月から当院に導入。イメージトレーニングを取り入れた新しい分娩様式で、一人でできる簡単なトレーニングを積めば、誰にでも出来る自然分娩法です。
 ソフロロジーは「赤ちゃんと母親そして、素晴らしい経験を積んだ新たな女性という 3人の人間を生み出す」といいます。
 是非当院で、21世紀の新しい出産法=ソフロロジーで、一緒に”お産”しましょ!

ソフロロジーで大切なポイント

イメージトレーニングがもっとも大切
 他のどの分娩法でも導入していないソフロロジーだけのユニークなトレーニング。それがイメージトレーニングです。「母性の醸成と確立」をするためにも、これは最も重要なものであることは間違いありません。
 イメージトレーニングの最大の特徴はテープ、あるいはCDに入っている音楽と言葉を聞きながら自分で自宅で出来るということです。しかも30分程度の時間しかかかりません。非常に簡単にできます。

ソフロロジーの気になる事をQ&Aで解決

ソフロロジーの最大の特徴は何ですか?
「単なる分娩方ではありません」
ソフロロジーでは、出産という瞬間は、妊娠に始まり出産後も続いていく
育児というプロセス全体の1つの通過点として捉えます。
妊娠中から、出産や育児をイメージし、精神を安定させ、リラックスの中で出産を
迎え、妊婦はそのときすでに母性が確立しているということが特徴です。
誰でも簡単に出来る方法なのですか?
「日本人なら誰でも簡単にできます」
ソフロロジーは、どうやって精神的にリラックスするかというトレーニング法です。そこでは、あるがままを受け入れるという思想など東洋的なものが基本になっています。日本人の場合は誰しも、すでにそういう理解は自然と身につけています。
ソフロロジーで生むメリットを一言で言うと?
「出産への不安をなくし元気になれる」
ソフロロジーで生むことには多くのメリットがあります。
  1. 麻酔などの薬を使わず、自分のペースで自然な出産が可能であること。
  2. 母性の確立が最重要テーマで、そのことで自然に育児にはいることができ、マタニティブルーや子供の虐待防止にも期待できるのではないかということ。
  3. 酸素を十分にもらいながら、赤ちゃんが元気に生まれてくること。
  4. 出産時の母体の疲労度が少なく、会陰裂傷なども少ないので、母親も元気でいられること。
  5. 子供の脳細胞の活性化に繋がること。
  6. 静かで痛みの少ない出産を落ち着いて実現できること。
ソフロロジーで生みたいのですが、何をすればいいのでしょうか?
「まずソフロロジー対応の病院を探すのが基本」
全国には日本ソフロロジー法研究会の会員となっている、ソフロロジーに対応できる産院が350カ所以上あります。当院も会員となっております。まずはご相談下さい。
TEL:0957-22-3410
病院に行く際には何を準備すれば良いのでしょう?
「日常使っていたテープやCD、デッキを忘れずに!」
ソフロロジーだからといって、出産時に何か特別なものが必要ということはありません。 当院ではカセットデッキ・CDプレイヤーをご用意しております。毎日、トレーニングで使用しているテープやCDを持参して下さい。
イメージトレーニングってどんなものですか?
「イメージし、疑似体験して、不安を喜びに変えるトレーニングです」
ソフロロジーでは、眠りに入る間際に「今から起こってくる子宮の収縮陣痛は、お腹の中の可愛い赤ちゃんを産み出すうえでもっとも大切なエネルギーであり、このエネルギーがなければ赤ちゃんは生まれてこない」とイメージします。そのための曲を聴いて就寝すると、自然にこのイメージトレーニングができるようになっています。
方法としては、リラックスしてCDを聞くだけです。
毎日必ずやる必要がありますか?
「なるべく多く繰り返したほうがいい」
大リーグで活躍のイチロー選手の準備運動好きは有名です。練習の時から、本番の打席に入るまで、イチロー選手は、同じ動作をしつこいほど繰り返します。
ソフロロジーの練習も同様で、「何回やればいい」という決まりがあるわけではありませが、繰り返し習慣化することが大切です。
自作のCDやテープでも大丈夫ですか?
「自分の好きな音楽でやりたいという方はそれでも結構です。」
自分の好きな音楽でやりたいという方は、それでも結構です。精神の安定とリラックスを目指するものなので、なるべく落ち着いた静かな曲調のものがお勧めです。
妊娠中の生活で注意すべきことは何ですか?
「答えは赤ちゃんに聞く!」
ソフロロジーではまず妊娠したらお母さんの生活「お腹の赤ちゃん中心の生活」に切り替えます。食事もお風呂も、遊びも仕事も、すべて赤ちゃんを中心に考えてください。すると様々な疑問の答えは自ずと分かるはずです。
産後の母体の回復が早いと聞きましたが、なぜですか?
「一つのことを自分で成し遂げた充足感」
リラックスした母体から十分な酸素をもらい元気に生まれてくる赤ちゃん同様、母親も赤ちゃんと一緒に分娩という共同作業を成し遂げたという充実感で、その表情には生き生きとした喜びが溢れます。実際、体力的にも、不要ないきみがないために消耗せず、また会陰裂傷なども最小限で済むので、体の回復も早いわけです。
母乳保育にスムーズに入れるのはなぜでしょうか?
「赤ちゃんを思う心が自然と母乳保育になる」
ソフロロジーは母性の醸成・確立が基本理念ですので、妊娠中から赤ちゃん中心の生活となり、出産時には、すでに妊婦さんは母性溢れる母親になっております。ですから、出産と同時に自然に赤ちゃんを抱き、母乳保育に移行することができます。これは本当にごく自然な流れなのです。