男女生み分けのご相談

赤ちゃんの写真 当院でお産される方へのサービスとして、男女生み分けのご相談をお受けいたしております。 まず、男の子、女の子がいかにして決まるか、そのメカニズムについて理解しておきたいものです。 女性の卵巣からは毎月1回の割合で成熟した卵子が卵管内に排出され、これと精子がうまく受精すると受胎が始まります。精子には卵子と結びつくと女の子になるX精子と、男の子になるY精子の2種類があるのです。
 生み分けは、つまるところ、女の子を受精するX精子、男の子を受精するY精子のうち望む性のほうの精子を、いち早く卵子まで到達されるようにするということにつきます。  これからお教えする方法は、ほとんどがこの目的のためのもの。人工授精ではなく自然な形で望む性の精子が受精するように様々な手をつくすわけです。
 男の子の場合は天然カルシウムを服用し、膣内をアルカリ性にするゼリー(グリーンゼリー)を使って、排卵日にセックスする方法です。女の子の場合は膣内を酸性にするゼリー(ピンクゼリー)を使って排卵日の2日前にセックスする方法です。成功率は80〜90%です。  これは女の子を受精するX精子は動きがノロノロとしていて子宮口へと進むのに時間がかかるが、2〜3日と寿命が長い。Y精子は動きこそ活発ですが寿命は1日だけ。X精子は酸性液の中ではY精子より動きが早くなる特徴を利用しているわけです。
また、天然カルシウムは元々無脳児の予防の目的で妊婦に与えていた錠剤ですが、これを服用していたお母さんのほとんどが男の子を出産したことから生み分けにも使われるようになりました。

シェトルズの生み分け法

男の生み分け法

  1. 排卵日までは禁欲して精子の数を増加させる
  2. 排卵日にセックスをする
  3. セックスする前に膣を重炭酸ソーダで洗浄する
  4. セックスの体位は男性が女性の背後からペニスを挿入する後背位がいい。射精した精子が子宮頚管に入りやすくなるからである。
  5. 女性のオーガズムはあったほうがいい
  6. オーガズムのとき男性は深く挿入する

女の生み分け法

  1. 排卵日の2,3日前まではセックスをしてもいい。禁欲の必要はない。精子の数は多くなくてもよい
  2. 排卵日の2,3日前にセックスする
  3. セックスする前に膣を酢酸で洗浄する
  4. セックスの体位は正常位がいい
  5. 女性のオーガズムはないほうがいい
  6. オーガズムのとき男性は浅く挿入する